ハッピーメールの社長が逮捕!

ハッピーメールの社長が逮捕されました!ニュースの詳細を見ると、まあ、・・・なところはあるのですが、これから先、出会い系のサービスは一体全体どうなってしまうのでしょうか?

ハッピーメールの社長が逮捕! > ハッピーメールの社長が逮捕された件について思うことを

ハッピーメールの社長が逮捕されました!ニュースの詳細を見ると、まあ、・・・なところはあるのですが、これから先、出会い系のサービスは一体全体どうなってしまうのでしょうか?

ハッピーメールの社長が逮捕!


↑↑↑↑↑↑
もう安心。出会えるサイト♪
国内最大級の出会い系サイトであるハッピーメールの社長が逮捕されました。

逮捕の直接の理由は、ハッピーメールのシステムを悪用して客引き行為を行っていた「援デリ」と呼ばれる違法業者による書き込みを放置した疑いのためです。

ここでは、事件についての詳細と、業者による出会い系サイトの悪用について自分が思っていることをご紹介したいと思っています。

2015年11月30日、ハッピーメールの運営会社である株式会社アイベックの社長らが、サイトで売春のやり取りが行われていることを知りながら、書き込みを削除しなかったとして売春防止法違反のほう助の疑いで逮捕されました。

ハッピーメールのサイト内で売春交渉のメールのやり取りが行われていることを知りながら、メールや掲示板への募集書き込みを削除していなかったことが逮捕に至った最大の原因だということです。

よくよくこの事件のことを調べてみると、この事件は、業者が客となるハッピーメールの男性登録者に対し、紹介していた女性の中に、法律で利用が禁じられている18歳未満の未成年者が含まれていたというのが最大の問題点であると思います。

ただ、ハッピーメールでは、18歳未満の児童がサイトあるいはアプリを利用できないように、クレジットカードによる認証や身分証の提示による年齢確認がなければ登録できないようになっているので、18歳未満の少女らが売春や買春の被害者になることは普通なら考えられないことです。

なぜ18歳未満の少女らが売春の被害者となってしまったかというのを調べていくと、出会い系内で暗躍する業者の手引きや悪質な手口が浮かび上がってきます。

実際には、これらの18歳未満の少女はハッピーメールに登録していたわけではなくて、業者が架空の女性として登録し、客引きや交渉などして、少女らを待ち合わせの場所に派遣するというデリヘルのような手口で売春の斡旋を行っていました。

ここで問題になるのは、たとえ業者側が女性になりすまし登録をしたとしても、ハッピーメールの運営者側で違法な書き込みがないかを適宜、チェックして削除していればこのような事態にはならなかったはずです。

しかし、ハッピーメールの運営者側では、業者によるサイトの悪用行為を厳しく取り締まっているとは言えないというのがここ最近の状況でした。

こうした業者による出会い系サイトの悪用は、じつはハッピーメールだけの問題ではないというところが出会い系業界の深刻な問題で、他の出会い系のサイトにもかなり深くまで蔓延していて、業界では、このような業者は「援デリ業者」として知れ渡っています。

援デリ業者は、ハッピーメール以外の出会い系サイトでも同様の手口で、あたかも一般の女性が個人的な援助交際をもちかけているかのように見せかけて男性をだましています。

特に、出会い系に慣れていない、登録したばかりの男性などは相手が援デリ業者であることをわかっていない場合がほとんどで、深く考えることなしに交渉に応じてしまって援デリ業者の言うがままに待ち合わせ場所に赴いてしまうという人がたくさんいます。

そのため、援デリ業者が、なおさら横行するという悪循環のスパイラルを助長してきたという側面もあります。
 

出会い系サイト側の深刻な問題・・・

ただ、ここで疑問になるのは、援デリ業者が隠語や伏せ字などのあの手この手を使って一般女性になりすまし、援助交際と偽って売春交渉をしていたとしても、出会い系の運営業者側がサイト内を監視して、メッセージや書き込みを削除する措置を徹底していれば、現在のように援デリ業者が暗躍することなどおこらな かったはずです。

それでは、なぜ援デリ業者による出会い系サイトの悪用がこんなにもはびこるようになってきたのでしょうか?

その背景には、出会い系サイトの運営者側の都合と男性の登録者の出会い系の使い方の問題があります。

今回摘発された、ハッピーメールをはじめとした出会い系サイトから援デリ業者が駆逐されず、逆に益々増えている背景には、援デリ業者が出会い系のサイトを使うことで得られる出会い系サイト側の経済的なメリットがあるという特殊な事情があります。

ハッピーメールなどの出会い系では、男性がメールを送信すると一回につき50円の料金が発生します。

普通、業者とのメールのやり取りは一回で終わることはなく、交渉が完了するまで何回もメールのやりとりをすることになるので、一人の男性のサイト利用者が交渉完了までに支払う料金は少なくても数百円程度にはなります。

援デリ業者のサクラはサイト内に何万人といるので、一人数百円だとしても、ちりも積もればナントカでサイト運営者側に入る料金は莫大な金額になります。

そして、そのお金は、まんまサイト側の収益になるのだから、サイトの運営者側にとっては援デリの業者のおかげで相当の金銭的な利益を手に入れることができる仕組みになってしまっています。
 

利用する男性側にも問題が・・・


↑↑↑
もう安心です。安心・安全のハピメ♪

 
次に、利用する男性利用者側の問題としては、援デリ業者がサイト内にいても、その誘いに応じる男性がいなければ、援デリ業者がここまでのさばることはなかったでしょう。

しかし、男性利用者の中には、援デリ業者の誘いに一も二も無く応じてしまっている人がいて、援デリ業者による出会い系サイトの悪用を促してしまっているという問題があります。

こ れは、相手が違法な援デリ業者なのに、そのことを知らずに、業者の違法な行為に加担していることをわかっていないという認識の甘さ、言い換えるならば、お金と引き換えで女性と関係を持つことに、抵抗を感じることなく安直に交渉に応じてしまうという男性の出会い系サイトの利用方法そのものにも大きな問題があ るということです。


上記のような深刻な問題を改め、出会い系サイトから援デリ業者を排除するには、どのような対策を講じればいいのでしょうか?

考えられる対策としては、


★警察あるいは行政サイドによる援デリ業者の摘発や取り締まりの徹底

★出会い系サイトの運営者が援デリ業者のメッセージのやり取り、書き込みの投稿の削除を徹底する

★利用する側としても、素人の女性といえど金銭と引き換えに性交渉を求める女性とは一切関わらないという強い意志(これはちょっと理想論かもしれませんが・・・)


なかでも、出会い系サイトの運営者は、援デリ業者による交渉を黙認するような対応はすぐさま改めて、そのような業者に対して強い態度でのぞむことが必要ですし、男性の利用者も、相手が援デリ業者であるかもしれないということを常に認識して援デリ業者からの悪質なヤリ口についての理解を深め、そのような援デリ業者からの交渉には一切応じないことです。


結構、きびしいことを言わせていただきましたが、ハッピーメールは、個人的にも、過去に楽しい出会いを何度も体験をしてきましたし、楽しいお付き合いをされている方もたくさんいる素晴らしい出会い系サイトの一つです。

今回の荒療治とも言える摘発によって、今現在、ハッピーメールは、以前のような一般の男性・女性が楽しく気軽に、安全に出会えるサイトとして安心しておすすめできるサイトになっています。

その他の出会い系サイトも今回のハッピーメールの事件をいい教訓としてより楽しめるサービスとなるように努力されることを切に願います。

▶▶安心の出会い系サイトになりました
ハッピーメールの公式サイトを見てみる【18禁】